TommykairaZZ(トミーカイラジージー)岡山の電気自動車・EV・クラシックカー・旧車ならお任せ!車検・板金・修理・買取全てお任せのクルマ屋さん

  • facebook
  • お問い合わせ
どんな事でもお気軽にお問合せ下さい。
テスラパーツショップロゴ  086-722-0310
受付時間:10:00~18:00迄

TommykairaZZ(トミーカイラジージー)正規代理店

トミーカイラジージー

TommykairaZZ

幻のスポーツカー

トミーカイラジージーとは

トミーカイラ(Tommy kaira)とは、京都府に存在した自動車メーカーのトミタ夢工場が製造・販売を行っていた知る人ぞ知るチューニングカーブランドで、2010年に京都市左京区に本社を置くグリーンロードモータースが自動車製造事業としてのトミーカイラブランドを継承。2014年6月17日付で道路運送車両法保安基準に適合していることを国土交通省近畿運輸局で確認され審査結果通知書を交付され、トミーカイラZZは大手自動車メーカー以外で量産を前提とした電気自動車の認証をはじめて取得した伝説の電気自動車です。

イメージ
イメージ

歴史

HISTORY

蘇るTommykaira ZZ

幻と言われる理由

1997年、Tommykaira ZZは、日本に誕生しました。ルーフ・サイドウィンドウ・エアコンと言った走りに直接関係ない部分を削ぎ落とし、軽量・低重心なレーシングスピリットを体現していました。1999年、イギリスで生産され日本に逆輸入する形で販売されていたZZは、運輸省による保安基準の改正で車体の大幅な構造変更を余儀なくされたのです。その時点で 400台以上のバックオーダー(受注残)を抱えていたため、ZZに乗りそびれた人も多かったはずです。 これが、ZZが「幻のスポーツカー」だと言われる所以です。
販売中止から15年、ZZのレーシングスピリットを継承しつつ、EVスポーツとしてTommykaira ZZはEVとして甦りました。

操縦性

DRIVABILITY

徹底して磨き上げた

真のピュアスポーツカー

アクセルを踏めば、一瞬で全てを置き去りにする圧倒的な加速を生み、ステアリングを切れば、ダイレクトな手応えと共に機敏にコーナーを駆け抜ける。制動時には、適度な姿勢変化とともに、踏力に対しリニアに効力が発生する。全ては操作に正直で、ドライバーの感覚と直結すること。トラクションコントロール、アクティブステアリング、スタビリティコントロールなど、一切の電子制御を廃止し、ダイレクトでフィジカルな操作感を徹底して磨き上げた、真のピュアスポーツカー。

イメージ
イメージ

ピュア・スポーツ

PURE SPORTS

Feel the Driving

感動的なドライブフィール

ライトウェイトフレームとFRPカウルがもたらすレーシングライクな車体構成。ルーフやサイドウインドウを持たないオープンボディ。エンジンを中心に配置し、低重心を目指した設計思想。軽量なサイドパネルを開くと低視点のコクピットがそこにある。
削ぎ落とされたダッシュボードとレーシーなステアリング。身体はバケットシートに包み込まれ、サイドフレームがニーサポートの役割を果たす。

フロントタイヤの挙動をダイレクトに伝えるステアリング。アクセルペダルから感じる息継ぎのない加速感。ブレーキペダルに応じるタイヤのグリップ。その全てにおいて、フィジカルな感覚を色濃く残したドライブフィールを与えてくれる。

加速

ACCELERATION

新たな加速フィール

凄まじい加速力

最高出力225 kW(305馬力)を誇るパワーユニット。モーターがもつ路面を力強く蹴るような感覚、新たな加速フィールを生み出し、Gのかかるその立ち上がりは凄まじい。
駆動系は、モーターのトルク特性を活かしたシングルギア。変速によってトルクが抜ける瞬間が訪れないため、リミッターにぶつかる180km/hの最高速まで、息継ぎなく加速する。
また、モーター音は近未来的で静かなため、車輪と路面が擦れ合う音も感じ取り、タイヤがどれだけ滑っているのかを耳を含めた身体中から感じとることができる。

公式サイトでもっと詳しく 

イメージ

ハートアップワールドの想い

私たちはお客様に「ワクワクが続くカーライフ」をご提供しています。

初めて車に乗ったあの時のワクワク感を思い出してみませんか?

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっと今までとは違うワクワク感を体験できると思います。