岡山の中古車・輸入車・スポーツカーならお任せ!
Tesla (テスラ) カスタマイズパーツ「KOKORO」
車検・板金・修理・買取全てお任せのクルマ屋さん

  • facebook
  • お問い合わせ
どんな事でもお気軽にお問合せ下さい。
テスラパーツショップロゴ  086-722-0310
受付時間:10:00~18:30迄

中型SUVモデルYが2020年末には量産体制に

ev_15

中型SUVモデルYが2020年末には量産体制に

激動の2018年を、黒字の第4四半期で締めくくったTesla(テスラ)

1月30日(米国時間)に同社が発表した決算によると、テスラの
18年第4四半期の最終損益は1億3,948万ドル(約150億円)の黒字だったそうです。

この数字はウォール街の予想こそ下回りましたが、2010年に上場して以来テスラが2四半期連続で利益を上げたのは初めてのことであり、テスラが好調だということがうかがえます。

今後も堅調を維持するための重点分野として、テスラの社長イーロン・マスク氏はコスト抑制、サービス業務の改善、『モデル3』の欧州や中国での販売、そして続いて投入予定の中型SUV『モデルY』の生産準備を挙げています。

上海工場がカギに!?

モデル3の生産台数を週に5,000台以上まで引き上げられたことが黒字の大きな要因であり、この生産台数を今年はさらに週7,000台以上に増やしたいと、マスク氏は考えているようです。
現在は中国と欧州で販売されるテスラ車はカリフォルニア州で生産されていますが、テスラが上海で建設を始めた工場が稼働するようになれば、生産台数はさらに増え、追い風になることでしょう。

中型SUVであるモデルYは、部品の4分の3以上がモデル3と共通で、生産は、おそらくネヴァダ州リノ郊外にあるバッテリー工場「ギガファクトリー」で生産されることになると予想されます。
また、
「バッテリーとパワートレインは、作られてすぐにクルマに組み込まれる」
とマスク氏は語っており、これらの話を合わせて考えると、きっとモデルYは2020年末には体制が整い、量産が始まるのではないでしょうか。

モデルY、楽しみですね。早く実物を見てみたいものです。

ハートアップワールドには、テスラのカスタムパーツブランド『kokoro』があり、テスラをより自分らしくアレンジして乗りたいというユーザー様の期待に応えます。

ハートアップワールドのサービス

ハートアップワールドでは『ガラスコーティング』をオススメしております。
ハートアップワールドのガラスコーティングなら、クルマのボディはつやつや、ピカピカ!汚れもつきにくく、落としやすい!コーティングの耐久性も違います♪
ぜひ、ハートアップワールドで『ガラスコーティング』を試してみてくださいね。

ハートアップワールドは、自動車のメンテナンス・修理や販売、車検、板金塗装、オイル交換、カスタマイズ・チューニングなど、自信があります。
また、輸入車や電気自動車(EV)、クラシックカー・旧車、カスタムパーツなども取り扱っています。お探しの方は是非、お声掛けください。

ハートアップワールドはあなたのお車の『総合案内所』を目指します。お気軽に何でもご相談下さい。
それでは本日も、お客様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております!

ハートアップワールドの想い

私たちはお客様に「ワクワクが続くカーライフ」をご提供しています。

初めて車に乗ったあの時のワクワク感を思い出してみませんか?

聞いてみたい事、気になる事、なんでもお気軽にご相談ください。

きっと今までとは違うワクワク感を体験できると思います。